高崎市の眼科-高崎駅けやき眼科

の病気について

白内障

白内障とは?
ピントを合わせるためのレンズの役割を持つ水晶体が濁り、視界がかすんだり光のまぶしさが増すなどの症状が出る病気。発症の原因としては加齢が最も多く、 早い人では40歳位から発症することもあります。 水晶体の濁りは少しずつゆっくり進んでいきますが、一度濁った水晶体は元通り透明にはなりません。
症状
視界がかすんだり光をいつも以上に眩しく感じたら診察の合図。すぐに診察を受けるようにしましょう。また、上記のような症状がなくても白内障の可能性がある年齢になった方は、一度診察をお受けいただくことをお勧めいたします。 白内障は、進行しすぎて手術時期を逸してしまいますと、手術自体の難易度が上がってしまい、合併症のリスクなどが増えてしまうため、適切な時期に必要な患者様に手術をお勧めすることが、患者様にとっては大変重要となってきます。的確な時期に診察を受けていただくことにより、より安全に手術などをお受けいただけるようアドバイスなどさせていただけるかと思います。当院では手術は行ってはおりませんが、近隣の手術を行っていただける施設へのご紹介をさせていただきます。ご自分の現在の白内障の状態や、手術をいつしたらよいのか等、何か疑問に思っていらっしゃることがありましたら、いつでも気軽にご相談ください。
治療
白内障の進行による視力低下を認めた場合、有効な治療法は手術のみで、 濁った水晶体を吸い出して人工のレンズを挿入します。 今おこなわれている最も一般的な手術の方法は、 水晶体超音波乳化吸引術および眼内 レンズ挿入術といい、特殊な超音波の器械で水晶体を細かく砕き、そこに眼内レンズ という小さなアクリルレンズを埋め込みます。 症状にもよりますが手術に要する時間は10~30分程度となっています。
眼内レンズとは?
大きさは直径6ミリくらいの小さなレンズで、これを水晶体のふくろの中に固定させます。眼内レンズはコンタクトレンズのように古くなって交換したりすることはめったになく、 異物感を感じることもなく、レンズが入っていることは外からは全く分かりません。
術後について
術後は、眼の炎症がおさまるまでの間、抗菌剤はステロイド点眼などを使用します。手術自体が無事に終了して、患者様の眼の状態が完全に落ち着くまでの間、眼の状態を定期的にチェックしながら、点眼液の調整を行っていきます。また、術後に網膜にむくみ(黄斑浮腫)が出てしまうこともあるため、これに対しても予防目的の点眼の使用を行います。
また、良く見えるようになったのに、しばらくしてからまたかすんでくることがまれにあります。この原因のひとつは後発白内障というもので、眼内レンズが埋め込んである袋が時間経過により濁ってしまうことをいいます。 発症時期はまちまちで、早い人は半年くらい、遅い人は5年程たっても発症しません。後発白内障が生じた場合は、外来にてレーザーで濁りを取り除く処置を行います。処置にかかる時間も比較的短時間で、痛みもありません。処置後は眼内に炎症が出ますので視力が出るまでに多少時間がかかる場合があります。そのためレーザー処置後に炎症がおさまるまでの間、点眼を使用していただくことがあります。処置後に飛蚊症が生じることがあります。処置後は網膜に異常が起きていないかをチェックさせていただきます。

上へ/高崎駅けやき眼科 | 高崎モントレー
下へ/高崎駅けやき眼科 | 高崎モントレー