高崎市の眼科-高崎駅けやき眼科

の病気について

緑内障

緑内障とは?
視神経がおかされ視野が欠けてしまう病気。白内障と並んで中高年の代表的な眼の病気で、最近の大規模な調査では、中高年の20人に1人が何らかの緑内障をもっていることが予測されています。 自覚症状が少ないため、多くの人たちが緑内障と気づかないことが多く、40歳を過ぎたら一度眼科で診察をうけることをおすすめします。 人間ドック等の健康診断で視神経乳頭の異常でみつかることもあります。
原因
目の中の房水(目に栄養を運ぶ液体)が排泄されにくい、または排泄されない状態になり眼球中の圧力(眼圧)が高くなることで視神経が損傷することで発症します。 また、眼圧が正常であっても緑内障がおこる場合もあります。(正常眼圧緑内障) 40歳以上の約30人に1人が発症し、「眼の成人病」とも言われます。
症状
但し、緑内障の早期には自覚症状が無いことも多いため、ある程度の年齢に達したら是非一度眼の状態の診察をお受け頂き、現状緑内障の可能性が無いか等を眼科医にご確認頂くことをお勧め致します。
目の疲れ、視野狭窄、頭痛や、眼球を重く感じたり、目の痛みや電灯の周りに虹のような輪がみえる(虹視症)場合はすぐに診察を受けることをおすすめします。
検査
まず、眼圧検査にて、眼圧が高い状態にないかどうかをチェックします。
さらに診察にて、まずは眼の中を流れる房水の通り道が狭くなっていないか、また、眼底検査を行って視神経の状態が悪く無いかを診せて頂きます。
眼圧が正常であっても視神経の状態が悪い場合には、正常眼圧緑内障の可能性があるため、視神経線維層の詳細を機械で分析し、さらに緑内障による視野の異常が出てきていないかどうかを視野検査を行って調べて行きます。
治療
原則的には点眼薬でおこない、それでも思わしい効果が得られない場合手術治療をおこないます。点眼液は、様々な作用機序から緑内障の進行を抑えるべく、初めは1種類のお薬から、その後は患者様の眼圧や視野欠損の進行具合などによって、追加や変更などを検討して行きます。複数の点眼を用いる場合に合剤とうって2種類のお薬がひとつになった点眼もありますので、気軽にご相談頂き、患者様一人一人に合った点眼液をご提案して参ります。

また、眼の中を循環する水の房水の流れが悪い場合、白内障手術をお勧めして房水の流れを改善する方法をご提案したり、手術はしたくない、という患者様に対しては流れを改善するためにレーザー治療を行うことで対応する場合もあります。

上へ/高崎駅けやき眼科 | 高崎モントレー
下へ/高崎駅けやき眼科 | 高崎モントレー